反復浴で血行促進

冬場は気温が下がり、体を動かす機会が少なくなりがちなため、一年の間でも特に体重増加が気になる季節です。
そんな時、毎晩のお風呂で簡単に血行促進して、体の新陳代謝を活発にさせる方法があります。それは反復浴です。
よくぬるま湯に30分から1時間程度浸かる半身浴を行うと、体が芯から温まり発汗作用が高まり、体内の代謝がアップして血行促進効果があります。
しかし、ただぬるま湯に浸かるよりも、暖かいお湯と冷たい水を交互に浴びながら入浴をする方が、より血行促進が高まりオススメです。
なぜ交互に繰り返すのが効果的かというと、暖かいお湯に浸かると体温が上昇し、体内の血行が良くなります。そして逆に冷たい水を体にかけると褐色脂肪細胞という細胞が活性化されます。

 
この褐色脂肪細胞を活発に動くと、体内の脂肪を効率よく燃焼してくれる効果があるので、冬に溜った脂肪を燃焼させるのに大変効果的です。
体を洗ったら、一度ぬるま湯に5分程度浸かります。その後冷たいシャワーで足元から水をかけていき、体が冷たさに慣れたら徐々に下半身、上半身に水を掛けていきます。大体3分ほど水のシャワーを浴びたら、再度ぬるま湯に浸かります。
これを数回繰り返せば、血行促進効果のお陰で冬に溜りがちな脂肪を効果的に燃焼させることが出来るでしょう。