冬太りとは

冬になると、それほど身体を動かしていないのに、何か食べたいと、無性に食欲が増すことがあるでしょう。食事制限などのダイエットもしていないのに、おかしいなと思われた方も多いのではないでしょうか。

 
その原因として、冬の凍えるほどの寒さを感じた身体が、身の危険を察知して、身体のエネルギーを燃焼させようさせようとするからです。ヒトの身体が本来持っている、生命維持の働きが活発になるためでしょう。
そのため、必要以上にエネルギーが活発になるため、身体のエネルギーが消耗し、食欲が湧いてくることになるのです。

 
ここで、その食欲のおもむくままに食べてしまうと、冬太りの原因になってしまうでしょう。この大きな食欲は、少しの食生活の工夫で抑えることができるでしょう。
例えば、飲み物を温かいものに変えるといいでしょう。温かいコーヒーなどは、適量であれば心身を落ち着かせてくれるものでしょう。また、コーヒーなどに馴染みがないという方は、お茶類でも構いません。ただ、お茶類は、利尿作用がありますので、飲み過ぎには気を付けることが大切です。

 
身体を暖めてくれる食材も、取り入れるといいでしょう。にんにくや生姜などは、お料理の薬味としても冬のお鍋などで大活躍してくれます。これらは、少量で、十分身体を暖めてくれるでしょう。その他にもニラなどがありますが、身体を暖めてくれるものは、どれも匂いが強いものですので、匂いの気になる方でしたら、主に週末や休日前などに、召し上がるといいのではないでしょうか。

daietto-man01_m